群馬県館林市の「おいしくて健康に良い」ボイセンベリーの普及推進を行う公式ホームページ

事業概要

  • HOME »
  • 事業概要

【これまでの事業活動】
※各年度の「+」をクリックで展開されます

2018年度の活動
◇4月
ポテトクラブが「つつじまつり」にてボイセンベリーフローズンヨーグルトを販売。
◇5月
シーエスラボの千代田農地にて、群馬県立館林高等特別支援学校とシーエスラボとの農福連携で農場実習、除草作業を実施。
◇6月
シーエスラボの千代田農地にて、群馬県立館林高等特別支援学校とシーエスラボとの農福連携で農場実習、ボイセンベリー の収穫を実施。
◇8月
シュガーヒルカフェにて、「2018年度 館林ボイセンベリー収穫祭」を開催。
須藤館林市長、ポテトクラブ、シーエスラボ、蛇沼を守る会、館林商工会議所、經世濟民新聞など他多数の方々が参加。
2017年度の活動
◇2月
ポテトクラブがFM gunma「GUN★MADONNA」に出演。
◇7月
シュガーヒルカフェにて、「2017年度 館林ボイセンベリー収穫祭」を開催。
ポテトクラブ、蛇沼を守る会、㈱シーエスラボ、經世濟民新聞が参加。
◇8月
ポテトクラブが「ぽんぽこ」にてかき氷販売。
◇10月
ポテトクラブが「麺-1グランプリ」にてかき氷を販売。
シーエスラボが「ぽんぽこ」他数箇所にて「館林産ボイセンベリー 濃い化粧水」の販売を開始。(ぽんぽこ:http://www.ponpoko.jp/index.html
シーエスラボが群馬県邑楽郡千代田町の耕作放棄地(260坪)を借り、ボイセンベリーの栽培(75株)を開始。
◇11月
ポテトクラブが東洋大学の大学祭(雷祭)に出店。ジュース、ジャム、ジェラート、苗を販売。
2016年度の活動
◇9月
蛇沼にて「ボイセンベリー栽培研修会」を実施。
群馬県東部農業事務所普及指導課、ポテトクラブ、蛇沼を守る会、㈱シーエスラボが参加。
◇10月
シュガーヒルカフェにて「ボイセンベリーカクテル試飲会」を開催。
ポテトクラブ、蛇沼を守る会、㈱シーエスラボが参加。
◇11月
東洋大学の大学祭(雷祭)に出店。ジュース、ジャム、ジェラート、苗を販売。
ポテトクラブが参加。
2012年度の活動
◇日本商工会議所の地域力活用新事業∞全国展開プロジェクトに採択。
◇「ボイセンベリーを活用した特産品開発(調査研究事業)」、新商品開発モデル事業推進委員会で継続検討。

【目的】

○全国に認知される加工特産品を開発する
○地域の農業者・商工業者の収益向上を図る
○加工特産品の新事業をつくる
○ボイセンベリー特産品開発をモデルとして、地域に波及させる
○雇用を作り出す
○館林ブランドをつくる
○食の観光の拠点施設をつくる

【事業計画】

● プロジェクト推進の委員会開催
● 地域資源・加工施設調査
● 先進事例調査
● 市場調査    ● 流通市場調査
● 試作品開発   ● 開発商品モニター調査
● 事業戦略調査  ● 事業報告書作成

2011年度の活動

◇館林商工会議所が、群馬県の補助事業を活用した地域復興調査事業を実施。
◇農商工、産学官の事業として新商品開発モデル事業推進委員会を設置。
商工会議所・ポテトクラブ・商工業者・東洋大学・行政機関(県地域復興・農業指導部門と市の産業政策・商工・農業復興部門)が参加。
◇ポテトクラブでは、ペーストづくり、ドレッシングの試作開発、商工業者は洋菓子等の試作品を持ち寄り、アイディアを共有した。
◇館林市産業祭で試作品を発表・販売、群馬県の「ぐんまちゃん家」の宣伝販売を実施。

【商工業者による試作商品】

◇和菓子 大福・葛餅・羊羹・あんこ玉・葛ゼリー・たれ(ソース)
◇洋菓子 アイスキャンディー・ムース菓子・ゴーフレット
◇パン  ボイセンベリーメロンパン
◇うどん ボイセンベリーうどん(乾麺)
◇酒類  リキュール

【ポテトクラブ試作商品】

◇ジェラート・ジャム
◇ペースト
◇ドレッシング

PAGETOP
Copyright © ボイセンベリー販促推進協議会 All Rights Reserved.